スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--日 スポンサー広告 こめんと- とらっくばっく-

考えさせられる事の多い一年でした。

いつも目先のことばかりにしか気が回らず、恥ずかしながら新聞もニュースもあまり見ない私です。
脳天気な暮らしの中には、安心感こそありますが、何の進歩も有りません。
何もかも自己満足の中にあって、危機感もなければ、向上心も無い。
美味しいものを食べ、着たいものを着て、行きたい所に行って、気の合う仲間と楽しく過ごす。

でも、それでいいのかな?
世の中知らない事だらけ。

ネット社会では、有り難いことに、雨が山から小川となって、海に流れるように、情報を発信してくれるサイトや、ブログがある。
一つの情報をあらゆる方面から、其々の見方で噛み砕いて、分かり易く情報を伝えてくれる。
鋭い刃で突き刺すように、或いは言い聞かせ、諭すように・・・

過日、毛皮についてのお話しもありましたが、今回は、ウール製品の影の部分の紹介です。かなりショッキングな画像が有りますが、真実を知ることこそ大切です。どうか勇気を持って真実を知ることから始めませんか? 「何を着よう?2」今からでも、決して遅く有りません。回り道した事に気付いたら、明日からの事を考え改めればいいのですよね。

どうか皆様、よいお年を・・・
そして新年もよろしくお願い致します。  m(__)m
スポンサーサイト
2005年31日 ひとりごと こめんと- とらっくばっく-

嬉しいので、もういっちょ!

来年から、環境省がセンターなどに放棄された動物達をインターネットで仲介することになったそうです。Everythingさんで詳しく紹介されていますので、ご覧下さいね!
家族と同様に、ペットと暮らしている方々には信じられないことですが、行き先は、殺処分と分かっていて、飼い犬を持ち込む飼い主も多いのですが、何かの拍子に飼い主とはぐれ、捕獲され殺処分となる子も少なく有りません。「どうして、こんな可愛くて、いい子が?」と思える子も、飼い主の届出が無ければ、処分されてしまうという悲しい現実があります。
「家庭の事情で飼えなくなった」と、飼い犬を保健所に持ち込んで新たに子犬を飼う、バカも居ます。
犬に罪は有りません。飼い主が無責任なだけです。
また、飼い主の病気や、他界で已む無く・・・という場合も有りますが、もし「この子なら、我が家で・・・」という人が現れたなら、そのこの命は救われます。
今までは、そういったネットワークも、情報も少ない中で闇に葬られた命も多くあったと思いますが、今後の環境省の出方次第で、沢山の命が助かります。
それをバックアップするのは、私達の役目です。
どうか、これからワン(ニャン)を家族に迎えようとお考えのご家族は、是非アンテナを高くして、闇から放たれるSOSをキャッチして下さい。
どうか、お願い致します。


2005年27日 犬の話題 こめんと- とらっくばっく-

本日にて、お休み

本年も、あと残すこと僅かとなりました。2005年は、皆様にとってどんな一年でしたでしょうか?
我が家は、一昨年の長男に続いて次男も一人暮らしすることになり、夫婦と、犬2匹の生活になりました。
お陰さまで、毎日店にお子様が出入りしてくれますので、寂しいという思いも無く、話題にも事欠きませんので、楽しく過ごせた一年でした。
少々嫌なことが有っても、ワンコとお散歩に出ると、元気が出ます。
そして美味しいものを食べて、グガーと寝ると、また元気百倍!

2006年も、良い一年でありますように・・・
新年は、5日(木)からの営業です。
2005年27日 店の話 こめんと0 とらっくばっく-

お疲れ様!

クリスマスも終わり、ディスプレーのサンタさんも、また来年までお蔵入り・・・
「また、来年もよろしくね!」と、別れを告げる。santa


(ノ_-;)ハア・・・頭痛の種は、売れ残り商品

2005年26日 店の話 こめんと0 とらっくばっく-

クリスマスイヴ

cake

「会社の帰りに、売れ残りのケーキ買って来て~!」と言ったら、
本当に買ってきた。
我が家は、いつも遅い夕食なんで、ケーキ食べてると、
日付けが替わる。
「何で、こんな夜中にケーキ食べてるんだろうね?」と、エエ年した
オッサンとオバハン2人で・・・って何か変。
久し振りの、生クリームの味が、美味しいけど、苦しい。
2005年24日 ひとりごと こめんと0 とらっくばっく-

冬のイベント

本日、ここ桃の木台地区では、クリスマスイベントが有りました。
第一部は、桃の木台小学校でのクリスマスコンサート、第二部は、イルミネーションの街並みウォークラリー、そしてお楽しみ抽選会。
子供達は、スゴク楽しんでいたようです。
係の皆さん、ご苦労様でした。m(__)m


私は「オバチャン、一人で周ってるん?空しいなぁ~」とのお子様の言葉が恐ろしく、参加出来ませんでした。

(ノ_-;)ハア… 来年は、どなたかご一緒して下さい。m(__)m
オバチャン軍団で如何でしょう?

x-102

2005年23日 ひとりごと こめんと0 とらっくばっく-

寒波 

今日は、ものすごく寒かったです。
雪もチラつきましたが、この辺りは、まだ積もるほどは降りません。
けど、流石に我が家のワンズも家の中に居ました。
こんな日は暇やろうなぁ~と思ってたのですが、お子様が
ゾロゾロ・・・  
有り難いのですが、トイレに行きそびれ、店を閉めた途端、
トイレにダッシュ!-=≡ヘ(* - -)ノ   
でした。 (^^ゞ
2005年22日 ひとりごと こめんと0 とらっくばっく-

来年は戌年!

毎年、年末に私がグータラしている内に、夫がPCで賀状印刷してくれます。
今年は、お年玉付き写真用はがき(¥60)が新発売なのに、皆さんご存知ないのか、ご指名がありません。
gajo


で、私の賀状は、我が家のワンズの写真入りにしました。
かわいい! ・・・ 親ばかです。m(__)m

「?」でも、最近の写真見て、気付きました。いつもアーコがミーさんを押しのけて前へ前へ来るんです。
そういや、ミーさんを撫でなでしていると、割り込んでくるし・・・
困ったやっちゃ!
でも、やっぱ可愛いな~♪
2005年21日 犬の話題 こめんと- とらっくばっく-

何でですか?


年々、この地域のイルミネーションがショボくなっています。
若い、お父さんや、お母さんも、そろそろ飽きてきたのかな?
私らの年齢になると「面倒くさい」とか「小さな子も居ないのに、カッコ悪い」とか、それなりの理由が有るのですが・・・
実は、毎年「今年はやめとこう」とか思うのですが「りぼんさん、今年は点けるの遅いね!」って必ず何人かに言われ「商売人は、点けんとアカン!」と、配線も、片付けも手伝わない夫に言われ・・・
「今年はりぼんさんの前が、ウォークラリーのスタンプポイントですから、明るくしてね!」ってイベント係の人にも言われ、シブシブいつものしょぼいながらも、点灯しています。yo199


23日は、地域のクリスマス会、子供達が楽しみにしています。
キラキラした瞳を大切にしたいから、また来年も点けなくっちゃね!
2005年20日 ひとりごと こめんと0 とらっくばっく-

もうすぐクリスマス


小さなお子様がいらっしゃるご家庭では、ツリーを飾り、サンタさんにお願いの手紙を書いたり、プレゼントの用意、ケーキを焼いたり、ご馳走の準備etc・・・一年で一番子供達がワクワクするシーズンですね。

私も、昔はこの季節が大好きでした。街はイルミネーションでキラキラしていて、夕闇の中、あちこちのお家から美味しそうなご馳走の香りと、楽しい笑い声  「ア~! 皆幸せなんだな!」と心がポカポカしたものです。x-73

(ノ_-;)ハア… 大人・・・しかも棺おけに近付く年頃になると、楽しいことより、「面倒くさい」が先に立つようになりました。
夢を忘れちゃいけないな~と思いつつ・・・反省の日々。
2005年19日 ひとりごと こめんと0 とらっくばっく-

年賀ハガキ

携帯電話が普及して、手紙や、電話しなくてもメールで画像も瞬時に送れる便利な時代になりました。
それに伴って、手紙や、ハガキを書く機会も減り、年賀状さえ出さない人が増えています。
確かに、メールは便利だけど、去年の年賀メール、そして一昨年の・・・なんて残してる人も少ないのでは?
その点、年賀状は何年も残るので、何かにつけ便利です。
「今年で○○も、○年生になりました」なんて書いてあると、親戚の子が今何年生だったかな?って疑問も解消されます。
年末に、年賀状を読み返し、色々な記憶が甦ったりします。

文字を書く機会もどんどん少なくなります。
せめて、年賀状くらいは、手書きで出したいものです。
2005年18日 店の話 こめんと- とらっくばっく-

一先ず安心!

先日の診察で、アーコさん「発毛も見られるので、取り合えずアカラス完治と思っていいでしょう。ただ、再発の可能性は有りますが・・・」ということでした。
1ヶ月半ほどかかりましたが、元の可愛いお顔(親ばか)に戻ってきて、嬉しいです。(「あれっ?どうしたの?」って聞かれないから・・・)
ご心配下さった皆様、ありがとうございました。m(__)mmillakane14



さて、桃の木台小学校でも学級閉鎖が何クラスかあるようです。
風邪、インフルエンザの予防の為、うがいと、マスク着用を心がけましょう。
うちの店に来るお子様も「コンコン」咳き込んでる子が多いです。
私がうつると、直ぐうつす側になってしまうので、十分気をつけます。
2005年17日 犬の話題 こめんと- とらっくばっく-

恐怖のお味見

oyatu4

お菓子の新商品が時々入ってくる。
「オバチャン、これ美味しい?」って聞かれても、いちいち味見している訳ではないので「さあ?分からん!」って正直に答えると「えっ!美味しいかどうかも分からんのに、売ってるんか?」
・・・ごもっともなご指摘です。
でも、ホント、いちいち味見してたら、キリ無いし、また太るし・・・
それにたまに「何じゃ?こりゃ~~~」と思える物に出合うと「美味しい?」と聞かれた時、返答に困る。
「あっ!それ不味いよ!」なんて言おうものなら「じゃあ何で売ってるん?」て言われるし・・・
ですから、なるべく食べないようにしています。
でも、たまに「食べてみようかな?」とお味見するんですが、美味しいと、これまた困ります。
「あれっ?どんな味だったかな?」なんて勝手な理由つけて、連続味見したりしてしまう。
「オバチャン、今日チロルチョコ食べたやろ?」
「えっ?何で?」
「だって、ここに包み紙放ってある」
・・・私の横に置いてあるゴミ箱までチェックする子が居る。
2005年16日 店の話 こめんと- とらっくばっく-

実は、他に・・・

もうひとつブログを続けてて、そちらはお尻を叩いてくれるコメンテーターが、皆勤賞に値するくらい、毎日コメントしてくれるので、それはそれは毎日追い詰めれれるように書いています。
これからは、なるべくこちらも毎日続けようと思いますので、お暇な方は、覗いて下さいね!

今日は、これと言って何も書くことがありませんが、また寒くなるようです。
皆様、年末のお忙しい時期に、どうか風邪で寝込んだりのないよう、十分お気をつけ下さい。
m(__)m
雪の地方の方は、雪かきとかで大変ですが、腰痛にもご注意下さいませ。
2005年15日 ひとりごと こめんと0 とらっくばっく-

少しだけ、心を入れ替えて・・・

せめて ひとりごと の書き込みをもう少し真面目に続けようと思います。 
先日友人に、「最近犬のことばかりね?」と指摘を受けました。
 おっしゃる通りです。
去年の今頃は、アーコちゃんの看病で商売に身が入らず、何もかも中途半端でしたが、今年は何の理由も無く、ただグータラと、これまた商売に身が入りませんでした。
委託商品もお預かりしているのに、失礼な話です。m(__)m
クリスマス商品も、HPにUPする前に売り時を逃した物だらけ・・・
どうしてこんなにグズなんだろう?と自己嫌悪。
来年は、もう少しシャキッとしなければ・・・

yo30

「シッカリせえ!」と自分に喝を入れてみる。
2005年14日 ひとりごと こめんと0 とらっくばっく-

フントの車いす屋さん

前記 未来ちゃんの新しい飼い主さんは、作家の今西及子さんだとお聞きして、著書である「フントの車いす屋さん」を買った。
うちのご近所にも、車椅子のワンちゃんが居て、いつも走れる喜びを身体イッパイに表して元気に走る姿は「ほら、ボクもこんなに走れるんだよ!」って得意そうで、私まで嬉しい気持ちになる。
「引越しで、飼えなくなったから」
「病気になったから」
「年取ったから」
「世話が出来なくなったから」など、飼い主の身勝手な理由で棄てられる犬や猫が沢山居る現実を知ると、人間不信に陥りそうになるけれども、こうして障害のある犬や猫を家族として迎え入れる人や、飼い犬(猫)のピンチを、家族のピンチとして、対策を講じる飼い主さんの存在には、心が救われる思いです。
「たかが犬」 そう言ってしまえば、それまでのこと。でも、命は飼い主の身勝手に出来るものじゃない。
「途中放棄するのなら、最初から飼うな!」
と、大声で叫びたい心境です。
今西さん、ありがとう m(__)m
足立さん(「フントのくるまいすやさん」KOBO工房)ありがとう m(__)m
hon1

2005年13日 犬の話題 こめんと0 とらっくばっく-

ご心配おかけしました。

akane55

アーコちゃんのアカラス、快方に向かっています。
前回の受診で、顕微鏡にも虫が出てなくて「これで、発毛が見られたら、ほぼ大丈夫なんだけどな~」との先生のお言葉が有ったのですが、チョロチョロながら、目の周りに発毛が見られます。
明後日、また受診日ですので、獣医さんから「もう大丈夫ですね」って言われたらいいのだけれど・・・
あの、パンチを喰らった負けボクサー風のお顔も、なかなか迫力有って、アーコさんに結構お似合いだったけど、また可愛いお顔に戻って頂きましょう。(親ばかです。)
2005年12日 犬の話題 こめんと- とらっくばっく-

うしろめたい思い

衣類や、装飾品などに使われる「リアルファー」とは、もちろん動物の毛皮のことです。
今の私は、私物としての毛皮製品の持ち合わせは、有りませんが、昔、狸や狐の襟巻きが大流行した時、誰かに貰ったその襟巻きを得意そうに巻いていました。
襟や、袖口にラビットファーをあしらったコートを着ていました。
何年も前から「毛皮製品反対運動」を知ってはいましたが、牛肉も、豚肉も、鶏肉も、切り身としてしか捉えていない感覚と同じで、毛皮についても、深く考えた事もありませんでした。
恥ずかしながら、本当に最近になってネットを通しての情報から気持ちを新たにさせられる事の何と多いことか・・・
そして、毛皮製品について、今あちこちで論議されている内容を聞くだけでも、身の毛がよだつ思いです。
毛皮を取る為に、動物達はどんな酷い殺され方をしているか(中国毛皮養殖場の内側 )を、怖くてまだ見れない私ですが、朧ろ気ながらもその実態はある程度の想像はつきます。

それなのに、知らなかった(考えなかった)事とはいえ、商品として、ファー製品を仕入れた事は何度かあります。
店頭に出してこそいませんが、今も在庫として持っているものが数点有ります。
不本意ではありますが、自分で仕入れた商品を、廃棄処分することも出来ません。
かと言って、堂々と店頭に並べる気にもなりません。
この数点の商品を廃棄したところで、うさぎの命が戻る訳も無い。
けれども、こんな裏事情を知らないでまだ毛皮製品を買う人に嫌悪感さえ抱きながら売るのも自己嫌悪・・・
オークションに出して、顔の見えない相手に売ってしまおうと姑息な事を考えたけど、売れない。
売れないと、何だかホッとした気持ちになるのも変だ。
でも、このままだと損失も少なくない。
数点の商品で、こんな暗い気持ちになるのですから、メーカーや、企業となると、従業員の生活、会社の存続問題にまで事が及ぶので、サッと一気に切り捨てることは、なかなか大変だと思います。

ですから、あちこちの動物保護サイトで、毛皮の話題を見付けると、とてもうしろめたい気持ちになります。

私がそうであるように、多くのメーカー内で、企業内で、少しずつでも、意識が変わって、いつの日か誰もが「昔は、毛皮なんて使っていた酷い時代も有ったらしい」って言う日が来るといいのですが・・・



2005年11日 ひとりごと こめんと- とらっくばっく-
  

プロフィール

りぼんのオバチャン

  • Author:りぼんのオバチャン
  • 手作り品と雑貨の店をやっていましたが、小学校の前という立地なので
    「お菓子置いてくれ!」
    「文房具売ってくれ!」と要望があり…
    こんなになってしまいました。(-"-;A
    こ こんなはずではなかったのに…
    (-"-;A

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

たまご時計

猫の時計

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。