FC2ブログ

懐かしいという感情

店に来る子供達がよく口にする
「わぁ~久し振りに来たけど、懐かしいなぁ~(*^_^*)」
懐かしいって・・・ってつい笑ってしまう。
10年、20年前の事ならともかく、小学生が2~3年前のことを懐かしいとか言ってる。
中には、まだ舌っ足らずな幼児まで「なちゅかちいなぁ~」とか言ってるのを聞くと、(  ̄m ̄)プッと吹き出さずには居られない。
でも、フと思った。
私達の子供の頃、市場や、お店屋さんって永遠の存在であるような気さえするほど、代々受け継がれることが多く、長年離れた土地に戻ると、ちゃんとお店は在って「あ!ここ 懐かしいなぁ~」なんて思ったりした。
でも、近年はどうだろう?駅近くのスーパーが無くなったり、コンビニもすぐ消えたりする。銀行の名前も次々替わる。
国道沿いの忙しない変化について行けない。
ここ10年で何十店舗様変わりしただろうか?
数年して、この土地を訪れたら、どれだけの店が生き残ってるんだろうか?と・・・
次々と、新しいものを追い求め、或いは、不景気風に押しやられ、「懐かしい風景」は、形を留められずにいる昨今。
思えば私達が子供の頃は、何と大らかに時間の経つのもゆっくりだったことか・・・
物の豊かな時代に在りながら、今の子達が哀れに思える。

うちの店は、決して儲かってはいないが、幸いこれを家業としている訳でもなく、私のボケ防止程度に続けているので、病気にでもならない限りは、長く続けていこうと思う。
「懐かしいなぁ~!オバチャン、まだ生きてたんや~(´▽`) 」の一言が聞きたいから・・・
2006年18日 ひとりごと こめんと- とらっくばっく-
  

プロフィール

りぼんのオバチャン

  • Author:りぼんのオバチャン
  • 手作り品と雑貨の店をやっていましたが、小学校の前という立地なので
    「お菓子置いてくれ!」
    「文房具売ってくれ!」と要望があり…
    こんなになってしまいました。(-"-;A
    こ こんなはずではなかったのに…
    (-"-;A

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

たまご時計

猫の時計

ブログ内検索

RSSフィード

リンク