FC2ブログ

消えかけの蝋燭

施設にお世話になっている母は、嚥下がだんだん無理になり、誤嚥性肺炎の危険もあるので、丁度3か月前から経口食から鼻チューブ食になっていましたが、微熱が頻繁に出るようになり、そうなると栄養食を中止し、水分補給のみの点滴に切り替え、そうなるとまた体力が落ちて・・・の繰り返しで、とうとう今月の初めに「看とり介護」に切り替わりました。
微熱があったり、痰が絡んだり、息が苦しかったりで酸素吸入のマスクも着けるようになりました。
(ノ_-;)ハア… 時間の問題だわと、息子らにも礼服の準備を勧めました。
「その時」に着せる新しい下着や、お気に入りの着物なども施設に預けました。
病室には、元気だった頃の写真や、母が作った紙人形など想い出の品も飾ってあります。

電話が鳴るたびに、ドキッとし、毎日様子を見に行くようにしました。

どういうわけか、数日前から顔の浮腫みも取れ、目をキョロキョロさせたり、首を持ち上げようとしたりもそます。
昨日から酸素吸入も必要でなくなりました。

「消える前の蝋燭が、一瞬ポッと燃え上がるような感じかな?」と少々怖い気もしますが、今朝も店を開ける前に様子を見に行くと、今日も状態がいいようでした。

施設の皆さんに本当に良くして頂いてるからこそだと、改めて感謝しています。

「明日も、行くからね!お母さん頑張って~!」
2010年30日 ひとりごと こめんと0 とらっくばっく0
  

こめんと

こめんとの投稿

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

とらっくばっく

trackbackURL:http://dosukoimasayan.blog5.fc2.com/tb.php/304-83d55271

プロフィール

りぼんのオバチャン

  • Author:りぼんのオバチャン
  • 手作り品と雑貨の店をやっていましたが、小学校の前という立地なので
    「お菓子置いてくれ!」
    「文房具売ってくれ!」と要望があり…
    こんなになってしまいました。(-"-;A
    こ こんなはずではなかったのに…
    (-"-;A

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

たまご時計

猫の時計

ブログ内検索

RSSフィード

リンク