スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--日 スポンサー広告 こめんと- とらっくばっく-

突発性前庭疾患

私がそうであったように、いつか何処かの突発性前庭疾患を患ったワンコさんの飼い主さんが、このブログを参考にしてくださって、愛犬の看病や通院を頑張った末、窮地を乗り越えて頂きたく突発性前庭疾患の件を書き残しておきます。

2015年 10/3 はアーコさんの11回目のうちの子記念日でした。

数日前に綺麗にシャンプーカットしてもらって、赤いおリボンつけてもらって


「可愛いね!若返ったみたい」とか言われてたのに…(4歳で我が家に来たのでもうすぐ15歳ですが)

10/2 朝から食欲がなく、でもお散歩はいつも通りトコトコ歩いてました。

夜 いつも通り布団で寝てたアーコさんが起きようとした瞬間ひっくり返ってお漏らししました。

まあ、お年寄りだしって思ったけど、様子がおかしい

四肢に力が入らなくてコロンと何度も転ぶ

ヨロヨロと真っ直ぐ歩けず家中ヨダレとお漏らし

そして苦しそうに2回もどしました。

「えっ?また膵炎?」(アーコさんは持病の膵炎を時々再発します)

「とうとう、お迎え?

慌てて家中にペットシーツを敷き詰めましたが、一晩中ウロウロするたびについてまわって寝不足

翌日はあいにく夫が仕事なので店を臨時休業して、動物病院に連れて行きました。

ご近所さんのご高齢ワンコの紙おむつを分けてもらい、大慌てで…

診察、血液検査の結果

「突発性前庭疾患」であろうと、激しい眼振で、船酔い状態になっているらしく、これから毎日水分補給の点滴と吐きどめと、ステロイドの注射に通わなくてはなりません

一週間で良くならなければ、脳障害の可能性もあるらしいです。

それから3日間は行きつ戻りつながらも少しずつ回復しているように見え、朝夕の散歩も用足しの為か行きたがりましたが、水もほとんど飲まず食べ物は一切食べようとしませんでした。

7 日 随分元気になり、動物病院で「眼振も治り、フラつきもないのであとは食欲さえ出たら…」と言われ、発症から丁度一週間だからそろそろ大丈夫かな?と期待してました。

8日 早朝 廊下をウロウロしてたので気持ち悪いんかな?と外へ出すと門から外へ出たがるので、慌ててパジャマにジャンパーを羽織り薄暗い中歩いてると植え込みに入りウンpしました。
丸6日食べてないのに出るんですね。

その後もスタスタ歩くし、やっとこさ快復と思いきや、家に入ってからまたヨダレがひどく頭を左に傾けてグルグル回り出した後、ヨダレだらけで寝ていました。



獣医さんの診断では、完全に治る前にまた再発したようで、振り出しに戻ったみたいです

アーコさんは長毛だから目立たないけど、随分痩せてると思います。

代わってあげたかったです。

8.9日は水を少しだけ飲む

10日、再度血液検査の結果、肝臓も弱ってはいないとのことで、少しステロイドの濃度をあげてみようという事になりました。
帰宅後良好なるも依然食欲無しでした。

11日、また快復傾向にあるものの全然食べない不安を獣医さんに告げるとその場で強制給餌してもらえました。

たった60mlだけど、吐き出さずに飲み込めたので嬉しかったです。

高栄養の缶詰めを一つ頂いて帰りました。

自力で食べてほしいなー

夕方、家でも少し強制給餌して食べてくれました。

12日  朝の散歩の時、軟便…前日のフードが一応消化…少しは栄養吸収したのかな?

予約の時間に行くべく車に乗せて少し走ったら様子がおかしいので見たらオムツから下痢便漏れ

慌てて引き返し、処置後再び病院へ

久々に食べたので消化器がビックリして下痢になる事もあるらしい。

いつも通り点滴と注射

帰宅後グッタリかと思いきや、10日振りに自分からフードをほんの少しだけ食べました

その後、私が買い物から帰るとピーピーと甘え鳴き…何日ぶりかで聞いたアーコさんの声

昼、食べないと分かっててアーコさんの鼻先にチクワの切れっ端置いたら、パクッと食べました
その後も魚肉ソーセージと煮干しとご飯粒少し  寝っ転がったまま食べました。

ワーン嬉しいー

晩もフード少し、うどん、お寿司、チーズ、かつお節と煮干しとチクワ、魚肉ソーセージ、この際何でも食べてくれさえすればいいと、ちょっとずつだけど食べました。
万歳!

それからは快進撃
療法食の缶詰やキャベツと鶏胸肉の煮た物や、カボチャのマッシュ、おかゆetc…色々食べてくれるようになり、ヨダレ、お漏らしも減り、発病から1ヶ月で元どおりに近い状態になりました。

念のため夜だけオムツ犬ですがお散歩も最初は左に傾いてた頭も真っ直ぐになりスピードも速くなり若いワンコさんのようになりました。

10日間ほとんど飲まず食わずで、ヨロヨロのアーコさんと、一時は⭐︎お別れ⭐︎も覚悟しましたが、来月無事15歳になれそうです。

突発性前庭疾患…http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000033&CatgM=9
このたび初めて耳にした病名ですが、老犬がなりやすい病気で、しかも症状があまりにも衝撃的で飼い主もパニックになる事が多いらしいです。

軽い場合は数日で病院に連れて行く前に治る犬も居れば、うちのアーコさんのように重症なら飲まず食わずで亡くなったり、認知症の引き金になったりもあるようです。

治ったかと思っても再発する事も多いそうで、人間のメニエルみたいなものと考えたらいいのかもしれません。

今回の事があって、いつかお別れの時がくるという覚悟を改めて出来た気がします。

教訓

老犬が居る家庭は、犬用オムツと大判ペットシーツ、雑巾を常備しましょう。

備えあれば憂い無し



どうか諦めないで頑張って下さい。

きっと良くなると信じて

うちのワンコ  アーコちゃんは、ほとんど飲まず食わずでしたので、最低限の水分補給の為に毎日補液は欠かせませんでしたが、丸10日間食餌は取らずでも死にませんでした。

快復しました。

先ず、食欲さえあれば何とかなります。

どうかまた元の元気な姿に戻れる日を信じて諦めないで下さいね。
2015年08日 未分類 こめんと0 とらっくばっく0
  

こめんと

こめんとの投稿

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

とらっくばっく

trackbackURL:http://dosukoimasayan.blog5.fc2.com/tb.php/439-802774a9

プロフィール

りぼんのオバチャン

  • Author:りぼんのオバチャン
  • 手作り品と雑貨の店をやっていましたが、小学校の前という立地なので
    「お菓子置いてくれ!」
    「文房具売ってくれ!」と要望があり…
    こんなになってしまいました。(-"-;A
    こ こんなはずではなかったのに…
    (-"-;A

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

たまご時計

猫の時計

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。